婦人

【目指せ美大合格】美術予備校に通うメリットとは?

女の人

出題形式を知る

医学部の受験においては国公立大学と私立大学で出題形式が異なります。志望大学の特徴を知ることが大事です。また、学力試験のみならず、小論文や面接が行われることもある大学では、それらの対策も必要となります。

学生

将来を見据えて

特に目的を持たずに、4年制大学に行くのであれば、将来的に就職に有利に働く短大に入学するほうがよい場合も有ります。秘書など、特化した能力を身に付けることができるカリキュラムを持っている短大は、地元を中心とした有力な就職先を確保しているのです。

ウーマン

事前に対策をしておこう

高校入試においては、面接試験が重視される傾向にある。面接試験対策を行う場合には、良くある質問については把握しておくことが重要である。また、不意を突いた質問がきてもパニックにならないように、事前に実戦形式での練習が効果的である。

美術大学に進学するために

勉強

小学校・中学校というところは、日本で暮らしていくうえで基本となる知識を学ぶところですが、高校や大学は自分の知識をさらに深くしていくところであり、特に大学は自分の興味がある分野を研究していく機関です。研究していくジャンルは多岐におよび、数学や文学だけでなく美術を突き詰めていくこともできます。ただ、美術は他のジャンルに比べて特殊な分野になるため、美術を学ぶ大学は美術大学と呼ばれ、他の大学とは区別されています。芸術の分野でプロとして働くためには、必ずしも美術大学に進学しなければならないというものではありませんが、自分のテクニックを磨く上で美術大学は有益なところですし、有名校に入学して卒業できれば、それだけで多くの人にアピールできる肩書を得ることができます。ただ、有名な美術大学は入学したいという人も多く、狭き門になっています。当然、入学するためにはテストを受ける必要があり、他の人たちよりもいい点を取らなければなりません。例え、類まれなる美術の才能を持っていても、テストで得点できなければ入学することが出来ないのが美術大学です。美術大学のテストは、数学や国語などの学科試験と、デッサンや平面構成などの実技試験があります。学科試験は高校で学ぶことなので通常の塾でもよく、特別に美術予備校に行かなければならないわけではありません。一方、実技試験になると、これは高校教師では教えることができない分野になるので、美術予備校で学ぶことをおススメします。美術予備校で絵のレベルを上げるというよりも、実技試験のために上手くデッサンできるようになったり時間配分を学ぶということを目的とします。また、高校では美大に行きたいという人は少ないですが、美術予備校には未来の美大生が集まっていることになります。なので、美術予備校では通常の大学とは違う美大の雰囲気を味わうこともできます。