女性

【目指せ美大合格】美術予備校に通うメリットとは?

出題形式を知る

女の人

違いを把握する

将来医者を目指して、進学先を医学部がある大学にしようと決めている人も多いでしょう。医学部の受験を考えるときのポイントとしては、国公立大学と私立大学とで費用に大きな差があると言うことです。大学に入学してからの学費についても私立大学の方が高めとなります。受験のときの検定料金についても私立大学の医学部は高くなります。受験科目については国公立大学の場合、センター試験を受けた後に二次試験を受ける形となります。その事から5科目の試験を受けることとなりますが、私立大学によっては数学などの理系科目と英語ということもあります。科目が少ないからと言って楽であると言うことはなく、難易度が高い問題が出題されます。国公立大学の二次試験においては記述式がメインの問題が出題され、試験時間も長めとなります。一方で私立大学については大学によって形式が異なります。答えのみを記入するような試験である大学もあります。試験時間に対して問題数が多かったり、計算が煩雑な問題が出題されることもあります。医学部の受験については受験者のレベルも高いので、いかに見極めることができるかがポイントとなります。また、大学によってはこれらの学科試験に加えて小論文や面接が行われることもあります。医学部で医師として学んでいくために必要な倫理観などを知る試験です。つまり、学力のみならず、人として成長する必要があるといえます。医学部の大学入試に無事合格するためにも、しっかり対策を行っておくようにしましょう。