女性

【目指せ美大合格】美術予備校に通うメリットとは?

将来を見据えて

学生

就職が有利

今の時代は、とりあえず大学に行っていかなければ、将来就職ができない、というイメージが蔓延しており、誰もが大学に入学するようになっています。しかし、就職率については、時代の流れに左右される場合が多く、一部の有名大学の成績上位者を除いては、希望する職場へ安定して就職することは難しいものです。そういった中でも、毎年有名企業に安定的に就職を勝ち取る学生を輩出している学校があることも事実であり、そこにはあまり知られてない就職ルートがあるのです。特に、就職後、結婚して退職率の高い職場では、需要が生まれやすい環境ができているのです。これは、秘書課を有した短大に見られる傾向であり、地元の有力企業では、安定的に雇用が生まれているのです。ある程度規模の大きな企業になると、仕事内容は分業化しがちであり、何かに秀でた人を雇用する傾向にあります。そのため、秘書という職種が重宝されており、中途半端にさまざまな知識を身に付けた4年制大学卒よりも、短大卒で何かに秀でている人のほうが需要があるのです。そこで、短大では、4年制大学にはないような学部、学科を用意しており、就職に直結しているような道を準備しているのです。そして、地元に人材を送り込み続けることで、実績も積み重ねられ、学生も集まりやすくなるという好循環を作り出しているのです。一般的には、生涯収入について考えるときに、4年制大学のほうが有利と言われていますが、生涯働かない前提であれば、早めに働き始めることができる短大のほうが、上回る場合もあるのです。